伴侶がいるからこそのセックスフレンド

 恋人や伴侶がいながら、セックスフレンドを求める人は少なくありません。しかし彼ら彼女らは、恋愛(浮気や不倫)がしたいわけではありません。純粋に、肉欲だけを求めています。
 多くの場合は、恋人や伴侶との“肉体的”相性の不一致が挙げられます。性格をはじめ価値観は一致するが肉体的な部分だけがどうしても一致しない……と悩む人は、多いです。『セックスさえ我慢すれば良好な関係を継続できる』場合に辿り着く解消策は、ひとつ。それは、セックスフレンドです。
 つまるところセックスフレンドはセックスの外注であり、ガス抜きでもあります。そのため、セックス以外のことは一切求めません。セックス以外の面は、恋人や伴侶が十二分に満たしてくれるためです。
 また肉体的な相性は一致するものの、性癖の不一致からセックスフレンドに外注する人もみられます。なかには“寝取られ”なるジャンルを経験してみたく外注する人もおり、なかなかに混沌としたセックスを味わえます。
 いずれにせよセックスフレンドを得た場合は、相手の事情に触れないことが大切です。カカオトーク掲示板でセックスさえ楽しめれば良しと割り切り、関係を楽しみましょう。

人妻が求めるのは『感情』ではなく『肉欲』

 セックスフレンドを希望する人妻が増加しています。しかし不思議なことに、人妻らは肉欲以上のものをこちらに求めません。なかには、はっきりと「恋愛感情は不要」と申し出る人妻もいます。
 伴侶以外の異性と関係を持つことは、総じて不倫に該当します。しかしセックスフレンドを希望する人妻曰く、精神的な繋がり(感情)を伴わない関係は不倫に該当せず、伴侶が風俗で性欲発散することと同じだと語ります。
 確かに、この意見には一利あります。女性向けの風俗は現在も非常に少数で、その上に高額です。しかし、我ら男性向けの風俗はどうでしょう。店舗は豊富に存在し、格安のサービスも多数存在します。わざわざセックスフレンドを作らずとも、発散しようと思えばいつでも性欲を発散可能です。
 つまり人妻らは、積極的にセックスフレンドを希望しているわけではなく、唯一の選択肢を選んでいるに過ぎないのです。
 そのため人妻らは、こちらが驚くほど付き合いを割り切ります。もし、あなたが淡白なセックスフレンド関係を希望するのであれば、相手は人妻が最適です。カカオトーク掲示板の面倒なやり取りを徹底して省いた、楽な交流が望めます。

パソコンの時代はもう終わり?出会い系も主流はスマホ

 かつて、出会い系サイトやカカオトーク掲示板の多くはパソコンからの利用に限定されました。スマホからアクセス自体は可能でも、ログイン出来ない・一部の機能が動作しないなど、一様に“サービスの利用には不向き”の端末でした。
 しかし現在は、それらの問題が解消しています。スマホからでも問題なくログインでき、多少OSとの相性は絡むもののほぼ全ての機能が動作します。
 そのため各サイトの会員は、殆どがスマホからアクセスしています。なぜなら、スマホはレスポンスが容易です。自主的に操作しなくても新着メッセージを受信でき、その場で返信が行えます。また専用アプリを提供する出会い系サイト・カカオトーク掲示板もあり、利便性は計り知れません。
 パソコンは、この点が非常に面倒です。自主的に操作しなければ新着メッセージを受信できず、存在に気づきません。そのために、チャンスを逃すケースもあります。もちろんパソコンならではの利点もありますが、レスポンス関係の利便性はスマホに完敗です。
 もちろん、スマホでなければセックスフレンドを作れないわけではありません。しかし、より多くのチャンスを物にしたいなら、スマホの活用を推奨します。

セフレ探しの第一歩は優良サイト検索

 出会い系サイトやカカオトーク掲示板の中には、所謂“悪徳業者”が運営するところも少なくありません。そのためセックスフレンド獲得への第一歩は、安全に利用できる優良サイト検索にあるといえます。
 優良サイトか否かの判断基準は、利用者によります。会員数が多い=優良と判断する人もいれば、会員数はそこそこでも運営年数(実績)から判断する人もいます。
 口コミやランキングサイトを参考にする場合は、複数の情報源を用意し、内容を照らし合わせることが大切です。サイトAでは高評価を獲得していても、サイトBでは酷評の場合は、どちらかの情報が偽造されていると判断できます。
 実際、悪徳業者が口コミやランキングサイト運営し、自身が提供するサービスを高評価で紹介しているケースが目立ちます。インターネット上の情報はいくらでも偽装が出来、且つ検索エンジンでの表示順位も操作可能です。検索結果の上位=信頼できる情報ではないことを、肝に銘じましょう。
 この辺りを面倒に感じる場合は、週刊誌をはじめアナログ媒体に広告を出す運営を選ぶことを推奨します。何故なら、広告料が出せる=相応の収益がある=運営が安定していると判断できるためです。