カテゴリー別アーカイブ: 本場で味わう

実は本場の味ではない。

世界各国の文化交流をはかったイベントが行われました。
勿論、踊りや演奏だけでなく、料理店もならびました。
僕は友人のネパール人の店を手伝うことになったのですが、メニューを見てがっかりしました。
主役はカレーとナン、あとはタンドールで焼いたチキンや海老です。
これではごく普通のインドカレー店と同じです。
僕がシェフに理由を聞くと、答えは簡単。
所謂、本場の料理は売れないからだそうです。
実際、食べてみるとカルチャー・ショックを受ける料理が結構あるのですが、どうやらタンドールがある食事処は限られていますから、タンドールで焼いたものを優先的に注文してしまうのは実店舗でも同じようです。
更に、「ネパール」と言ってもイメージが曖昧なため、インドカレーを全面に出さざるを得ないそうです。
ネパール料理を広めようとしてして、結局カレー主体のメニューに総入れ替え。
でも、看板には「本場の味」と書く無念さが伝わってきます。
では、実際、日本人の口に全く合わないものなのか?と言えば違います。
実は、日本のご当地B級グルメにネパール料理と同じものがあります。
長野県の伊那駒ヶ根地方にローメンというラム肉を使った焼きそばがあります。
味は店舗によって様々で、自分好みに味を変えることも醍醐味の一つのようです。
このローメン。
なんでも、発案者が本来チョーメンと発音するべきところを読み方がわからず、ローメンと命名したと言われています。
チョーメンは中国からチベット、更にネパールへと伝わり、そこでラム肉を入れてスパイスを使った焼きそばにアレンジされました。
そんなわけで、日本人の口に合わないものは少ないと思うのですが、やはり同じお金を出すなら馴染みのある料理を注文しちゃうんでしょうね。